前へ
次へ

喪服には夏用と冬用があります

社会人になれば会社の葬儀などに参列する機会が格段に増えてきます。
そのような時に一番大切なのは常日頃から喪服の準備をしておくことです。
洋服ダンスに長い間眠らせておくというのは最悪です。
それは喪服を傷めてしまうからです。
もしも洋服ダンスに長い間しまっておくのであれば、防虫剤を必ず併用しなければなりません。
ところでこれらの喪服の中には夏服と冬服の2種類があるのをご存知でしょうか。
会社に入社したての新入社員などでは、お金がないせいもあって、夏冬兼用ができる、あいもので凌ぎます。
少し年配の社員になれば、給料も増えてきて予算に余裕が出てくるので、夏と冬とで喪服を使い分けているような人たちが多いです。
夏と冬と春夏兼用の3種類を使い分けているような人たちも多いです。
そこまでこだわっている人達は、靴下にもこだわります。
靴下はさすがに夏用と冬用の2種類です。
会社勤めも長くなるとそれなりに地位が上がってきますので、他人から見られてみっともない服装はできません。
それが一番のポイントです。

Page Top