前へ
次へ

3つに分けられる喪服の種類をチェック

女性がお葬式に着用する喪服は大きく、3つの種類に分けられます。
ブラックフォーマルドレス・ブラックフォーマルスーツ・ダークスーツの3つです。
ブラックフォーマルドレスは最も格式が高い服装とされています。
喪主や親族など主催する側の人が、葬儀や告別式、一周忌までの法要の際に着用するのがブラックフォーマルドレスです。
ブラックフォーマルスーツは一般的な喪服のことです。
一般の参列者としてお葬式やお通夜にうかがう場合は、ブラックフォーマルスーツを着用します。
最近は喪主やご遺族も、ブラックフォーマルスーツを着用するというケースがほとんどです。
ダークスーツは三回忌以降の法事や急な弔問、お通夜へ参列する際に着用するものです。
ブラックフォーマルスーツとして販売されているものではなく、黒や紺といったカラーのダークカラーのもので、デザインが華美なものでなければ、着用しても問題ありません。
ブラックフォーマルスーツを前もって準備しておけば、どのようなどのようなケースにも対応できるのでおすすめです。

Page Top