前へ
次へ

喪服を持っていない場合に関して

葬儀はマナーなどにおいて注意する必要がある儀式であると言われています。
知り合いなどが亡くなっ

more

レンタルの喪服は費用がリーズナブル

不幸のお知らせは突然やってきます。
急なお葬式のお知らせで、「着て行く喪服が無い」と焦った経験

more

喪服をレンタルするメリット

お葬式に着用する喪服は前もって準備しておかないといけないというのが、今までの当たり前でした。

more

通夜に喪服はマナー違反ではありません

一昔前は、お通夜は取りも直さず駆けつけるので、喪服は無礼だとされていました。
ただ現代は葬式や告別式に参列できない人がお通夜に弔問することも増えたため、お通夜に正式な喪服で訪れてもマナー違反ではありません。
特に会社関連の場合は業務終わりに弔問することも多く、正式な恰好で訪れるのが一般的になりました。
地域の風習や親族の考え方などもありますので、気になる場合は確認するほうが無難でしょう。
もちろん、従来の通り、正式な喪服でなくても通夜なら問題ありません。
男性はダークスーツが好ましいですし、ネクタイだけ黒に付け替えるだけでも大丈夫です。
難しいのは女性ですが、派手な服装でなければ許される場合も多いです。
問題は露出度ですので、短いスカートやノンスリーブなどは確実に避けてください。
メイクも極力控えめにして、アクセサリーは外しましょう。
派手なネイルをしている場合は手袋を着用すると無難ですが、焼香のときだけは外してください。
仕事帰りに弔問できる恰好ではない場合、一度自宅に戻って出直すほうが無難です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

通夜で必要な小物や持ち物は、白か黒のハンカチ、香典、ふくさなどです。
仕事帰りで荷物が大きい場合には、クロークがある場合はクロークへ、ない場合は席の下へ置いて葬儀の間は持たないようにしてください。
女性も同様の小物が必要ですが、髪の毛の長い人は黒のバレッタや髪ゴムなどでひとつにまとめることも大切です。
通夜は葬儀よりは縛りが弱いですが、基本的に知っておくべきマナーは葬儀のときと同じです。
小物は全て布製が正式で、バッグや靴なども本来は全て布製が正式となります。
多くの場合、表面だけ布張りにしたものが売られています。
通夜では革製やビニール製でも許されることが多いですが、きちんと揃えるなら覚えておきましょう。
また、仕事関係で急な通夜に参列することを考えると、いつでも慌てずに済むよう、あらかじめ小物を用意しておくことも大切です。
香典袋やふくさ、薄墨筆ペンや黒か白のハンカチは一式置いておくと便利です。
数珠は必ず持たなくてはならないものではありません。
女性は黒ゴムやヘアピン、黒のストッキングがあればいざというときに役立ちます。

Page Top