前へ
次へ

ブラックスーツを喪服として着てもいいか

急に知り合いが亡くなってお通夜があることを聞かされたりするでしょう。
既に会社に出社しているとわざわざ家に帰って着替える訳にもいかず、そのまま黒いネクタイと数珠などを持ってその日着ていたスーツのまま参列することもあります。
お通夜のマナーとして必ずしも喪服でないといけないとされていません。
同じような理由の人が多いとされているので、昔に比べてマナーも徐々に緩和されてきています。
ただ葬式の時には喪服を着た方が良いでしょう。
若い人の中には仕事用のスーツとしてブラックスーツを着る人がいるでしょう。
その名の通り黒い生地を使ったスーツで、もちろん着ること自体は問題ありません。
ではこれを葬儀などに着て行けるかですが、マナーとして悪くはないもののわざわざ着て行って良いわけではありません。
できれば正式なものを着た方が良いと言えます。
一方仕事において喪服として仕立てた服を着てもいいかですがこれはあまりよくありません。
周りの人にもわかってしまうでしょう。

Page Top