前へ
次へ

喪服と礼服って何が違うのだろう

喪服はお葬式の時などに着る黒い服と思っている人も少なくありませんが、では、礼服とは何が違うのでしょうか。
実際に見てみると両者の間には共通点は見られても、あまり違いがあるようには見えないという人もいるはずです。
実は礼服の中の一つが喪服です。
ということで、礼服であればネクタイとかを変えればお葬式の時とかも着ることができます。
しかしその反対は無理で、喪服として購入したものを礼服として着ることはむずかしいので気をつけましょう。
このように、一見同じように見えるものでも実は違うというものも少なくありません。
しかしなかなかそれらの違いがよくわからず、そのままの状態で放置してしまったりすることもあり得ます。
礼服は冠婚葬祭全般で着ることができる服ですが、喪服は通夜告別式、法事の時と限られているので、その点を十分理解しておきましょう。
またマナー自体は時代によっても変わってくるので、今はどうなっているのかというのもあらかじめ調べておくとより安心できます。

Page Top