前へ
次へ

お通夜に喪服を着用して参列するのは失礼

最近よく質問を受けることがあります。
それはお通夜と告別式などの葬儀に関する質問です。
一番多い質問が、お通夜告別式にどんな喪服で参列すれば良いのかです。
それから多いのが葬儀のマナーなどについての質問です。
一言に喪服と言っても、それにはたくさんの種類があります。
昔はそれら全てが和服でした。
今でも和服を着用して葬儀に参列する人たちは多いですが、それは圧倒的に年配者に見受けられます。
若い世代では男女共、黒の喪服で決まりです。
これは江戸時代にさかのぼりますが、昔は喪服の色は白色であると決められていました。
それには理由が隠されていました。
白色にはあらゆる種類の邪気を払う効果があると考えられていたからです。
それで亡くなった故人も、白い布で作られた着物を着せられていたのです。
その影響を受けて、葬儀の参列者も白い色の和服を着用していたのでしょう。
今ではお通夜と告別式で特別の差は見受けられなくなりました。
ちょっと前まではお通夜に喪の服を着用して参列するのは失礼にあたると言われていました。

Page Top